*

5連休がある理由

公開日: : 教育, 経営

7月、8月、9月の閑散期を迎えると

5連休を取る人が増えてきます。

今週はそのピークで、

7名が5連休を取っております。

 

e247f8c15e3f768d451d8e7d395f9be8_s

 

この制度は4年前からはじまりました。

 

土曜と日曜の休みに、有給を3日足して

5連休をとります。

そのスケジュールは、1年のはじめに

部門内で調整して決めてしまいます。

 

取れるタイミングで、というやり方では

取れない人がたくさん出てきますが

最初に決めておくと、

それに合わせて調整するので

ほぼ、予定通りにみんな休みます。

 

5連休を取ることにした理由は2つあります。

1つは、スタッフに5連休を利用して

見聞を広めて欲しいと思ったからです。

GWや年末年始など、世間と同じ休みに、

海外や、日本の各地を旅行すると

すごく混みますし、値段も高いです。

なので、なかなか行きにくいですが

それ以外の時は、比較的安く行くことができます。

 

期待通り、半分以上のスタッフが

海外や、日本の各地への旅行に

5連休を使ってくれています。

a3510145012884f216c06cd5f05fa21d_s

ccc21b1ccaf884b2ebaaf9a32523c0ff_s

684058150f11b4276c23c1ee00c640b3_s

 

もう一つ、5連休をとる理由は

◯◯さんしか出来ないという状況を

改善するためです。

 

会社には、その人しか出来ないという業務が

ほっておくと、どんどん溜まってきます。

教えるより、自分がやるほうが早いので

よほどのことがないと、なかなか教えようとしません。

 

なので、よほどのことを作って、

無理やり教える必要性をつくるのが5連休です。

 

上司がいないと不安はありますが

残った人が協力して、なんとかやっていきます。

その時に大きな成長があるのです。

 

今回の7名は、どんな5連休を過ごしているのか、

朝礼のスピーチやブログでの報告を

楽しみに聞こうと思います。

関連記事

recruit

男性の応募が少ないので・・・

  先週から会社説明会がはじまりました。 2017年春の新入社員の募集

記事を読む

IMG_8483

リレーマラソンに参加!

芝政リレーマラソン、 今年も参加してきました! アンカーを努めた 今年の幹

記事を読む

IMG_2275 (1)

業務改善コンテスト2016

年に1回、各部署単位で 業務改善の成果を競う、 業務改善コンテストというのを開催していま

記事を読む

12

2021年最初のブログで伝えたいのは

昨年の今頃は、まさか2020年が こんな年になるとは思ってもみませんでした。 昨年の4月

記事を読む

DSC_2499

東証マザーズに上場しました

2017年7月19日 3年がかりで準備してきた 東証マザーズへの上場を成就しまし

記事を読む

20160309072307[1]

かっこ良く生きたい!人、どうぞ

2017新卒採用の合同説明会が 続々とスタートしてます。 おかげさまで、たくさんの学生の

記事を読む

IMG_2949

ユニネクマラソン部(仮)

1ヶ月ほど前になりますが、 ユニネクマラソン部(仮)で 福井マラソンに出場してきました!

記事を読む

IMG_1858

簡単なことほど、組織力が試される

早いもので、もう2月です。 書こうと思っていて忘れていた 毎年恒例でおこなわれて

記事を読む

5

西日本ベンチャー100

  西日本ベンチャー100に掲載しませんか というメールが、 メディア運

記事を読む

f3586a75287ebd4d7caab40a67a23410_s

新入社員歓迎会!

先月の22日、 新入社員歓迎会を開催しました。   当社は4月が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


12
グリーンからティールへ

ティール組織について知らない人からすると このタイトルをみて、何

12
2021年最初のブログで伝えたいのは

昨年の今頃は、まさか2020年が こんな年になるとは思ってもみま

12
クリスマスは大事な仕事をする日

当社は、アメリカのザッポスという会社を目標にしています。 その会

12
これから残っていく会社に必要なもの

昔とは違って、今は転職が当たり前の時代になっており それに合わせ

12
ユニネクの賞与の仕組み

  社員が100名をこえるようになりましたが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑