*

応援してもらう

公開日: : 最終更新日:2015/10/17 メルマガ

今回のお話は、

応援してもらうです。
あなたや、あなたのお店を応援してくれてる人は

何人いますか?
そんな質問をされると

すごくお店が繁盛してる人は

応援してくれてる人がたくさんいると答えるでしょう。

反対に、繁盛してない人は

どうかな・・?って感じでしょう。
でも、お店が繁盛してなくても、

自分が、人からから嫌われるような性格じゃなく、

何かに対して一生懸命頑張っていて、

その何かが、私利私欲だけじゃなければ

自分が想像している以上に

応援してくれてる人はいるはずです。
なのに、

応援されてるのかな・・・?って思うのは

その応援のされ方が、心のなかでフレーフレーだからです。

323bfbd848a94b50452563404b36d429_s

フレーフレーや、頑張って!応援してるよ!

と、いくら思っていただいてもお店は繁盛しません。

繁盛しているお店は

どんな応援をしてもらっているのか?

それは

お店に来てくれる、

人に紹介してくれる、

そんな応援をしてもらってます。

3f0aeddcf31ac89c2da5d6c4742a42ed_s

 

心の中だけの応援と、実際に行動してもらう応援

この違いが出るのは

応援の気持ちの入れようが違うということも

もちろんありますが
もっとも大きな理由は

素直に、こんな風に応援して欲しいと伝えてないからです。

応援する人も、常にあなたのことを考えているわけではありません。

というか、ほとんど忘れてしまってます。
応援のされ方が上手な人は

ちょっと頼ってみたり、さりげなく困ってることを伝えたりします。

応援している人から、

ちょっと頼られたり、困ってることを相談されたら

どう思いますか?

ほとんどの場合、喜んで何とかしてあげたいと思うはずです。
以前どこかのチェーン店の店長さんが

常連さんにメールで、今月の売上目標が厳しいんです。

助けてください!とお願いしている映像をみました。

そんなことをお願いするのか?と思ったのですが

その後、何人もの常連さんが、

メール見たよとやって来ました。

27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s
応援する気持ちはあるんだけど

何をして欲しいかいってもらわないと・・

こんな応援者がたくさんいるんです。
ただし、

好かれている、

頑張っている、

私利私欲じゃない、

この3点のどれかが欠けてたら、

そもそも応援されてない可能性が高いので、

まずはそこからです。

関連記事

t02200140_0498031713547726791

会社に愛着を感じているかという質問

年に2回実施することになった 社内アンケート、 最新の結果が出ました。  

記事を読む

421

人前で話す力を磨く

仕事で成果をあげる人になろうと思ったら ビジネスコミュニケーションのひとつである 人前で

記事を読む

t02200145_0483031813552726871

甘利大臣の立場になってみる

今日は長男のスキー教室です。 スキーを持って行かないといけないので 先ほど学校まで送って

記事を読む

Fibonacci

黄金比78:22

急に肌寒くなり、もう秋の気配ですね。 10月生まれだからか、秋はけっこう好きです。 先日、野

記事を読む

535c83eb6425853c39a3f00d04707a59_s

まずはちょっとやってみる

最近、朝5時から6時の間に出勤しています。 朝の8時50分から朝礼が始まり、 そのま

記事を読む

2

進化しないと生き残れない自然の法則

昨日、福井市商工会議所の方が 取材に来られました。 会員誌の記事の取材です。 テーマは

記事を読む

7725e05d33e817f32f0bfaff85e09c4f_s

リスクを恐れず投資する

ユニフォームを販売している弊社の   1番の繁忙期は3月になります。 新しい

記事を読む

f2fc11303ed94dd654be6c51e8102547_s

2つ以上の意味をもたせる

今回のお話は、 2つの意味を持たせる。 効率化という言葉の意味は お客様の立場で聞くと

記事を読む

63b46d52322062e7cb86ac19eca6f938_s

会社を大きくする人

30年前と今では 会社を大きくする人のタイプが 変わってきているような気がします。

記事を読む

9efdf40d1f7bb3960ea4367b03677f69_s

でもやっぱり、怒られるうちが華

今日のブログのテーマを 怒られるうちが華にしようと思って、 華って、「華」か「花

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1
1次情報を大事にする

何かの判断をするときは いろいろな情報を参考にしますが、

1
試練はメンバーの結束力を高める

昨年から、1日で20~30kmを歩く 徒歩研修を実施しています。

1
若い人たちに選ばれる会社

5年後を見据えた企業のあり方というテーマで 先日、講演をしてきま

432
健全に指摘し合える組織に

自分のダメなところや、出来ていないところは 誰しもが目を背けたく

1
ボトムアップで留まらず、ティール組織へ

当社はトップダウンの経営をやめ、 ボトムアップにして、 み

→もっと見る

PAGE TOP ↑