*

階段を用意する

公開日: : 最終更新日:2015/10/17 メルマガ

仕事をしていると、いろんな課題があります。

 

売上の目標を達成する、

 

お客様の来店数を増やす、などなど。

 

自分でその課題を解決するにせよ

人にやってもらうにせよ、

 

難しい課題は、そう簡単にクリアーできません。

 

難しければ難しいほど

 

その課題は、自分にとって

高くて厚い壁になります。

 

そんな高くて厚い壁に

 

策もなく、

 

ただひたすら乗り越えようとジャンプしたり

 

突き破ろうと体当りしたりしていても

 

クリアーできる訳はありません。

 

課題をなかなか解決できない人のパターンです。

 

 

そんな難しい課題をクリアーするひとつの方法は、

階段をつくることです。

 

自分が登れる高さの階段をつくって、

 

1段ずつクリアーしていきます。

 

何段か登れば、

 

課題をクリアーできる高さに到達するというやり方です。

 

っていう話をすると、

 

ひたすらジャンプして乗り越えようとしていた

 

策のないせっかちな人は

 

その高い壁(課題)より

 

ちょっと低い階段を一つ作って

 

それに登りはじめます。

 

それでは何も変わらないのです。

 

もっと自分が出来ることまで落とし込まないといけません。

 

自分が登れる階段を、1段1段低くしながら考えて作るのは

 

非常に面倒ですが、

 

難しい課題をクリアーするためにはやらないといけないことで

 

最終的にクリアーできる時間と確率は上がります。

 

先程の例であげた、

 

お客様の来店数を増やすという課題。

 

策もなく、広告だしたり、キャンペーンしたり、

 

そんなので増えたら、誰も苦労はしません。

 

そこでひとつの階段。

 

お客様に喜んでもらえる接客をすれば

 

リピートしてくれて来店数がふえるのでは?

 

じゃ、お客様に喜んでもらえる接客をしよう!

 

これがさっきのまだまだ高い階段です。

 

このままだと、お客様に喜んでもらおうと

 

ジャンプを繰り返すだけです。

 

どうすれば、お客様にまた来ようと

 

思ってもらえるくらい喜んでもらえるのか、

 

その階段をつくらないといけません。

 

お客様に喜んでもらえる一言を

 

接客に取り入れてみるとか、

 

手書きで心のこもったハガキを出してみるとか、

 

お客様の名前を覚えてみるとか。

 

そしてこの階段でもまだ高く

 

そのやり方がわからないということであれば

 

もう一段低い階段をつくります。

 

喜んでもらえる一言は

 

これと、これと、これと、これの中から言ってみるとか、

 

ハガキを出すために

 

こうやって住所を聞くとか。

 

自分が登れるところまで階段を下げていく必要があるのです。

 

階段を作っていると、

 

結局同じ高さの階段で意味がないとか、

 

段差がありすぎて、次の階段に登れないとか

 

そんな問題も当然でてきますが

 

試行錯誤して、しっかり登れる階段に仕上げていきます。

 

この階段をつくることの凄さは、

 

完成すると、自分以外の人も

 

登れるノウハウになるところです。

 

頭と手間は使いますが、

 

それ以上の価値があります。

 

ひとつ注意しないといけないのは

 

時々、階段をつくって登っているうちに

 

最終的にどんな課題だったのか

 

忘れてしまう場合があり、

 

ぜんぜん違う方向に登ってたということがあります。

 

何のための階段なのかをしっかり

 

考えながら、作っていかないといけません。

 

難しい課題には、階段を用意するという話でした。

関連記事

f2fc11303ed94dd654be6c51e8102547_s

2つ以上の意味をもたせる

今回のお話は、 2つの意味を持たせる。 効率化という言葉の意味は お客様の立場で聞くと

記事を読む

t02200165_0640048013508333468

今更だけどユーチューブ

3000回も再生されてます! 目ざといスタッフから報告がありました。 以前、メルマガのネタで

記事を読む

IMG_1939

お客様の求めるものじゃなく、役立つものを売る

毎月社内でスタッフセミナーを実施しているのですが   そのスタッフセミナーで

記事を読む

f4c76044525017b007a4f550762dd68a_s

絶えず変える

会社やお店が、成長しようと思ったら   変化が必要な時代になりました。

記事を読む

535c83eb6425853c39a3f00d04707a59_s

まずはちょっとやってみる

最近、朝5時から6時の間に出勤しています。 朝の8時50分から朝礼が始まり、 そのま

記事を読む

2

進化しないと生き残れない自然の法則

昨日、福井市商工会議所の方が 取材に来られました。 会員誌の記事の取材です。 テーマは

記事を読む

lgf01a201304231100

プロ意識を持つ

昨日、東京から帰りの飛行機で キャビンアテンダント (CA)(客室乗務員)(スチ

記事を読む

292387

パートさんが書いてくれた嬉しいブログ

最初に言っておきますが、自慢です。   パートさんが先日書いてくれたブ

記事を読む

FullSizeRender

歩道の雪掻きをしようよ!

やっと雪が降りました。 衣料品(アウター)を扱っている会社にとっては もう遅いねや・・ 

記事を読む

Fibonacci

黄金比78:22

急に肌寒くなり、もう秋の気配ですね。 10月生まれだからか、秋はけっこう好きです。 先日、野

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1
1次情報を大事にする

何かの判断をするときは いろいろな情報を参考にしますが、

1
試練はメンバーの結束力を高める

昨年から、1日で20~30kmを歩く 徒歩研修を実施しています。

1
若い人たちに選ばれる会社

5年後を見据えた企業のあり方というテーマで 先日、講演をしてきま

432
健全に指摘し合える組織に

自分のダメなところや、出来ていないところは 誰しもが目を背けたく

1
ボトムアップで留まらず、ティール組織へ

当社はトップダウンの経営をやめ、 ボトムアップにして、 み

→もっと見る

PAGE TOP ↑