*

アイデアの出し方

公開日: : 最終更新日:2019/01/12 教育

最近、リクルート出身で、東京都初の民間の校長先生になった

藤原和博さんの講演を聞きました。

 

 

先生だからだと思いますが、

ただ聞いているだけではなく

考えさせらる時間が多いです。

 

 

世の中には基本的に白いものしかないのだけれど、

黒があると面白いと思うものを

1分半で周りの人とブレストしてください。

というような展開がよくあります。

 

 

ブレストとは、会議の方式のひとつで

複数の人が、自由に意見を出し合うことです。

 

o2016151214213227440

 

新しいアイデアや、問題の解決方法を見つけるのに有効だと言われていて

当社でも以前、社長塾の一環でやっていたことがありました。

 

 

藤原さんの講演で、そのコツを教えてもらいました。

①最初の1,2周は、わざと、くだらないアホみたいな答えを出す。

②若い人、職歴の浅い人から答えを出していく。

③くだらないアイデアこそ褒める。

 

最初に、仕事ができる人が、それっぽい答えを言ってしまうと

その他の人たちが考えようとしなくなるし、発言しにくくなるのが理由です。

 

 

あとは、アイデアの振り幅が大きいほど

キラッと光るアイデアがみつかる可能性が高いので

わざとアホみたいなアイデアを出すことも実は大事だということです。

 

 

短時間で、順番に思ったことを次々に出していく。

順番を待ってる間に考えて、順番がきたらすぐに答える。

止まった人が出たら、その人は飛ばして次々出してく。

内容の吟味は後からで、とにかく出していくのが

ブレストのやり方だそうです。

 

 

ちょうど当社も、各チームで話をする時間を設け、

問題の解決や、改善を進めてもらうことになったので

ぜひこのやり方を取り入れてみてください。

関連記事

f381e46d8784168242f948aa4fdace88_s

禁煙手当を出す理由

当社は禁煙を推奨していて 数年前から、禁煙手当を支給しています。  

記事を読む

4d168a2a2143962c866bd5e1d79fc350_s

お客様の声が、やりがいにつながる

当社でご購入いただいたお客様に アンケートのご依頼をしているのですが その中で、

記事を読む

IMG_2275 (1)

業務改善コンテスト2016

年に1回、各部署単位で 業務改善の成果を競う、 業務改善コンテストというのを開催していま

記事を読む

IMGP4939

JJSP(上場祝賀パーティー)後編

上場祝賀パーティーは、 8名の幹事がしっかり準備をしてくれて 内容が盛り沢山でした。

記事を読む

IMG_2949

ユニネクマラソン部(仮)

1ヶ月ほど前になりますが、 ユニネクマラソン部(仮)で 福井マラソンに出場してきました!

記事を読む

1

若い人たちに選ばれる会社

5年後を見据えた企業のあり方というテーマで 先日、講演をしてきました。  

記事を読む

キャプチャ

成長できる環境を用意する

学生の時代に、しっかり学んだ人と 適当にやっていた人では、成長の差がつきましたが 社会に

記事を読む

14

失敗を活かしている会社

失敗を恐れず、いろんなことに挑戦しなさいと言いながらも、 失敗は、時間を無駄にすることになった

記事を読む

1

1次情報を大事にする

何かの判断をするときは いろいろな情報を参考にしますが、 信頼できるのは、自分が直接体験

記事を読む

11

考えるということが解る本

当社の行動規範のひとつに とにかく考える というのがあるくらい 当社では考えるとい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1
1次情報を大事にする

何かの判断をするときは いろいろな情報を参考にしますが、

1
試練はメンバーの結束力を高める

昨年から、1日で20~30kmを歩く 徒歩研修を実施しています。

1
若い人たちに選ばれる会社

5年後を見据えた企業のあり方というテーマで 先日、講演をしてきま

432
健全に指摘し合える組織に

自分のダメなところや、出来ていないところは 誰しもが目を背けたく

1
ボトムアップで留まらず、ティール組織へ

当社はトップダウンの経営をやめ、 ボトムアップにして、 み

→もっと見る

PAGE TOP ↑