*

喜んでいただける商品を!

公開日: : ユニフォーム

 

無題

ユニフォームを選ぶときにお客様が重視することは様々です。

見た目のかっこよさであったり、

他にないオリジナリティーの高いものだったり、

はたまた、丈夫さだったり、動きやすさだったり、涼しさ・暖かさかもしれません。

 

このようなご要望に応えるため、

ユニフォームの種類はどんどん増えております。

たくさんあるユニフォームの中から、

自分の求めているものを選ぶ場合、

見てわかることならまだ選びやすいのですが、

どれくらい丈夫なのか?どれくらい動きやすいのか?という機能に関することは

着用してみないとわからないというのが現実です。

 

そんなユニフォームをいかに選びやすく紹介できるか。

間違いのないものを提案できるか。

それが私達代理店の使命だと思っております。

 

おすすめする商品

様々なご要望があるといっても、いちばん求められるのは、

最低限の機能があって割安な商品です。

キャプチャ

こういう商品はたくさん売れるので、

どのメーカーも似たような商品をつくっております。

弊社はその中から一番よい商品をセレクトして、

お客様におすすめ商品として販売しております。

 

お店がおすすめする商品は、実は利益が多く、

お店が儲かる商品だったりすることもよくありますが、

そんな商品では本当にお客様に満足してもらえません。

 

弊社は本当に良い物をおすすめして、お客様にご満足いただき、

追加でまたご購入していただくことを目指しております。

 

目先の利益を優先せずに、本当におすすめの良い商品を販売してきた結果、

年間で1万点以上売れる商品がいくつも誕生しております。

 

商品知識をもっと増やす

インターネットで販売していることもあり、

お客様の対応をするスタッフが通常の業務で商品を見る機会はほとんどありません。

商品を知らないと、お客様にご満足いただける説明ができないので、

商品を見たいという声がスタッフからよく上がってきました。

こんな声がスタッフから聞けるのは本当に嬉しい事です。

 

そんな声もあり、近年は商品の勉強会に力を入れております。

スタッフが実際に着用してみたり、

その商品を企画したデザイナーの話を直接聞いて質問したり。

新しい商品が出た時は必ず勉強会を開いて、全員が参加し詳細な説明を聞きます。

 

商品説明会

 

スタッフの商品知識を増やすことによって、

ますますお客様がご満足いただけるユニフォームを

お選びいただけるようにしていきます。

関連記事

11

ユニネクは民度の高い会社

民度が低いという言葉を 聞いたことはありますでしょうか? マナーや態度が悪い人のことを指

記事を読む

11

SDGsに取り組んでいます

当社もこの度、ふくいSDGsの パートナーとして登録されました。   世

記事を読む

11

福井県知事と対談しました

数年まえからメンターとして協力している 福井ベンチャーピッチが開催され そのオープニング

記事を読む

12

これから残っていく会社に必要なもの

昔とは違って、今は転職が当たり前の時代になっており それに合わせて、転職支援会社や人材スカウト

記事を読む

12

ユニネクの賞与の仕組み

  社員が100名をこえるようになりましたが、 年2回、賞与を支給する時に

記事を読む

キャプチャ

当社が副業を認めている理由

今年からユニフォームネクストでは 副業と短日勤務を認めることにしました。  

記事を読む

532

楽しんで仕事ができるために

当社では3年後のイメージ図を各部署で作成してもらい、 3年後、自分たちの部署はどうなっていたい

記事を読む

5fedca37da6d189f262433245c3db72f_s

お客様の味方になる

  弊社では、お客様の立場にたって考えるということを非常に大事にしています。

記事を読む

12

2021年最初のブログで伝えたいのは

昨年の今頃は、まさか2020年が こんな年になるとは思ってもみませんでした。 昨年の4月

記事を読む

11

システムエンジニアの採用を増やす

当社ではシステムエンジニアなど IT人材の採用に力を入れています。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1
1次情報を大事にする

何かの判断をするときは いろいろな情報を参考にしますが、

1
試練はメンバーの結束力を高める

昨年から、1日で20~30kmを歩く 徒歩研修を実施しています。

1
若い人たちに選ばれる会社

5年後を見据えた企業のあり方というテーマで 先日、講演をしてきま

432
健全に指摘し合える組織に

自分のダメなところや、出来ていないところは 誰しもが目を背けたく

1
ボトムアップで留まらず、ティール組織へ

当社はトップダウンの経営をやめ、 ボトムアップにして、 み

→もっと見る

PAGE TOP ↑