*

失敗談は伝わりやすい

公開日: : ユニフォーム, 教育, 経営

話の上手な人は、

よく失敗談を使います。

なぜなら失敗談の方がよく伝わるからです。

8f30c57f8f47e1b9d07be3777335b9f7_s

失敗談が、よく伝わる理由は2つあります。

ひとつは内容が具体的になるからです。

実際に起こったことなので、

必然的に事例になります。

事例をまじえての話は、

具体的でわかり易く、伝わりやすいです。

 

もうひとつの理由は、

プロスペクト理論です。

プロスペクト理論とは、
人間がリスクを伴う意思決定の際に価値の感じ方が異なり、
利得よりも損失の方を重大に捉えるという認知心理学の理論のひとつ。

要は、10,000円得するより

10,000円損したくない

という気持ちのほうが大きく、

褒められるより、

怒られたくない、

という気持の方が大きいのです。

 

なので、成功事例より、

失敗事例の方が、重要と感じて、

伝わりやすいのです。

 

 

ユニフォームの例で説明してみます

 

あるお客様が、防寒服を検討しています。

防寒服の提案での、成功事例と失敗事例。

同じことを伝えているのですが

どちらが伝わるか。

キャプチャ

成功事例パターン

お客様が、これがいいと商品を選ばれたのですが

用途をお聞きすると、

夜中、外で作業するお仕事だそうです。

この商品では、その寒さに耐えれないので

もっと暖かい商品にしたほうがいいですよと、

お客様に提案したところ、

暖かくてよかったと非常に喜んでもらえました。

お客様の用途をお聞ききして、

お客様の必要なものを提案することは大事です。

 

失敗事例パターン

お客様が、これがいいと商品を選ばれたので、

その商品を販売させていただきました。

商品を納品して数日後、

お客様から、こんなの寒くてダメだ、

なんとかしろと、非常に怒られました。

お客様は、夜中外で作業するお仕事だったので

普通の防寒では、寒すぎたのです。

お客様の用途をお聞ききして、

お客様の必要なものを提案することは大事です。

 

 

いかがでしょうか?

個人差はありますが、

多くの人は、失敗事例の方が

記憶に残ります。

 

話の上級者になると

成功事例を、失敗事例に変えて話をします。

そこまではやり過ぎでしょうか(笑)

 

若いうちは、どんどん失敗をしろと言われますが

失敗をたくさんしておくと、

人に何かを伝えるときにも役に立ちます。

 

関連記事

14

失敗を活かしている会社

失敗を恐れず、いろんなことに挑戦しなさいと言いながらも、 失敗は、時間を無駄にすることになった

記事を読む

IMG_0650

福井県知事との面会

福井県が上場企業を増やすことに 力をいれていることもあり、   県の産業

記事を読む

14

ギバーと、ビリーバーの話

GIVE&TAKEという本に、 世の中には、人に価値を与えるギバーな人と 人から価値を奪

記事を読む

b684a4ffc3532bfa6bbcabd74f95f624_s

まだ集中できることがある

昨日は月に一度の勉強会でした。 繰り返し、繰り返しの勉強で、 やろうと思っていたのに、

記事を読む

a6074e0ab6afd8a964a2e4fa78d5c99b_s

10年で売上10倍を目指す

  成長企業の軌跡を調べてみると 多くの企業が、昨対140%以上で成長

記事を読む

IMG_1971

作業服の展示会

今週、作業服の展示会で 広島に行ってきました。   ユニフォーム

記事を読む

532

月間表彰のご褒美食事会

当社では、月間表彰として下記の3賞の受賞者を 毎月選出しています。  

記事を読む

20160309072307[1]

かっこ良く生きたい!人、どうぞ

2017新卒採用の合同説明会が 続々とスタートしてます。 おかげさまで、たくさんの学生の

記事を読む

dscn4143

シンガポールの海外研修

  行ってきました、シンガポール。   今回は総勢60

記事を読む

42

1年半ぶりのブログ再開

1年と半年、滞っていたこちらのブログ、 ついに、 社長どうします?と制作チームから確認が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1
1次情報を大事にする

何かの判断をするときは いろいろな情報を参考にしますが、

1
試練はメンバーの結束力を高める

昨年から、1日で20~30kmを歩く 徒歩研修を実施しています。

1
若い人たちに選ばれる会社

5年後を見据えた企業のあり方というテーマで 先日、講演をしてきま

432
健全に指摘し合える組織に

自分のダメなところや、出来ていないところは 誰しもが目を背けたく

1
ボトムアップで留まらず、ティール組織へ

当社はトップダウンの経営をやめ、 ボトムアップにして、 み

→もっと見る

PAGE TOP ↑