*

階段を用意する

公開日: : 最終更新日:2015/10/17 メルマガ

仕事をしていると、いろんな課題があります。

 

売上の目標を達成する、

 

お客様の来店数を増やす、などなど。

 

自分でその課題を解決するにせよ

人にやってもらうにせよ、

 

難しい課題は、そう簡単にクリアーできません。

 

難しければ難しいほど

 

その課題は、自分にとって

高くて厚い壁になります。

 

そんな高くて厚い壁に

 

策もなく、

 

ただひたすら乗り越えようとジャンプしたり

 

突き破ろうと体当りしたりしていても

 

クリアーできる訳はありません。

 

課題をなかなか解決できない人のパターンです。

 

 

そんな難しい課題をクリアーするひとつの方法は、

階段をつくることです。

 

自分が登れる高さの階段をつくって、

 

1段ずつクリアーしていきます。

 

何段か登れば、

 

課題をクリアーできる高さに到達するというやり方です。

 

っていう話をすると、

 

ひたすらジャンプして乗り越えようとしていた

 

策のないせっかちな人は

 

その高い壁(課題)より

 

ちょっと低い階段を一つ作って

 

それに登りはじめます。

 

それでは何も変わらないのです。

 

もっと自分が出来ることまで落とし込まないといけません。

 

自分が登れる階段を、1段1段低くしながら考えて作るのは

 

非常に面倒ですが、

 

難しい課題をクリアーするためにはやらないといけないことで

 

最終的にクリアーできる時間と確率は上がります。

 

先程の例であげた、

 

お客様の来店数を増やすという課題。

 

策もなく、広告だしたり、キャンペーンしたり、

 

そんなので増えたら、誰も苦労はしません。

 

そこでひとつの階段。

 

お客様に喜んでもらえる接客をすれば

 

リピートしてくれて来店数がふえるのでは?

 

じゃ、お客様に喜んでもらえる接客をしよう!

 

これがさっきのまだまだ高い階段です。

 

このままだと、お客様に喜んでもらおうと

 

ジャンプを繰り返すだけです。

 

どうすれば、お客様にまた来ようと

 

思ってもらえるくらい喜んでもらえるのか、

 

その階段をつくらないといけません。

 

お客様に喜んでもらえる一言を

 

接客に取り入れてみるとか、

 

手書きで心のこもったハガキを出してみるとか、

 

お客様の名前を覚えてみるとか。

 

そしてこの階段でもまだ高く

 

そのやり方がわからないということであれば

 

もう一段低い階段をつくります。

 

喜んでもらえる一言は

 

これと、これと、これと、これの中から言ってみるとか、

 

ハガキを出すために

 

こうやって住所を聞くとか。

 

自分が登れるところまで階段を下げていく必要があるのです。

 

階段を作っていると、

 

結局同じ高さの階段で意味がないとか、

 

段差がありすぎて、次の階段に登れないとか

 

そんな問題も当然でてきますが

 

試行錯誤して、しっかり登れる階段に仕上げていきます。

 

この階段をつくることの凄さは、

 

完成すると、自分以外の人も

 

登れるノウハウになるところです。

 

頭と手間は使いますが、

 

それ以上の価値があります。

 

ひとつ注意しないといけないのは

 

時々、階段をつくって登っているうちに

 

最終的にどんな課題だったのか

 

忘れてしまう場合があり、

 

ぜんぜん違う方向に登ってたということがあります。

 

何のための階段なのかをしっかり

 

考えながら、作っていかないといけません。

 

難しい課題には、階段を用意するという話でした。

関連記事

t02200293_0768102413563118047

伝説のサービスを真似すると、、

業界最高の顧客サービスを掲げている アメリカ最大の高級百貨店、ノードストローム。 W

記事を読む

img8f9d0bcfzik0zj

ユニクロの柳井社長に質問してみた

昨日から東京に来ています。 福井は雪だったのに、 東京はものすごく良いお天気です。

記事を読む

148e5650715073288a1e21cfb986c4ba_s

応援してもらう

今回のお話は、 応援してもらうです。 あなたや、あなたのお店を応援してくれてる人は 何

記事を読む

IMG_1939

お客様の求めるものじゃなく、役立つものを売る

毎月社内でスタッフセミナーを実施しているのですが   そのスタッフセミナーで

記事を読む

63b46d52322062e7cb86ac19eca6f938_s

会社を大きくする人

30年前と今では 会社を大きくする人のタイプが 変わってきているような気がします。

記事を読む

FullSizeRender

歩道の雪掻きをしようよ!

やっと雪が降りました。 衣料品(アウター)を扱っている会社にとっては もう遅いねや・・ 

記事を読む

9efdf40d1f7bb3960ea4367b03677f69_s

でもやっぱり、怒られるうちが華

今日のブログのテーマを 怒られるうちが華にしようと思って、 華って、「華」か「花

記事を読む

1

手柄はゆずり、責任は負う

上手くいった時の手柄は人に譲り、上手くいかなかった時の責任は、自分が負う。   な

記事を読む

f2fc11303ed94dd654be6c51e8102547_s

2つ以上の意味をもたせる

今回のお話は、 2つの意味を持たせる。 効率化という言葉の意味は お客様の立場で聞くと

記事を読む

7725e05d33e817f32f0bfaff85e09c4f_s

リスクを恐れず投資する

ユニフォームを販売している弊社の   1番の繁忙期は3月になります。 新しい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


IMG_6430
第26期のスタート

当社のスタートは 毎年1月5日と決まっています。 &nbs

キャプチャ
新社屋での、新しいスタート

先週の土曜日の引っ越しを終え、 本社のスタッフは 本日から

キャプチャ
ワークマン常務との対談

今月の初めに、 ワークマンの土屋常務と 東京で対談をしてき

o2016151214213227440
新社屋、まもなく完成

何人かのブログにも書いてありましたが 建設中の新社屋と新物流セン

キャプチャ
サプライズパーティー

10月27日に46歳の誕生日を迎えました。 今年の誕生日は、

→もっと見る

PAGE TOP ↑